【八王子,日野,昭島】節分イベント/豆まき まとめ|神社の節分祭や豆まきイベント

八王子,日野,昭島の節分・豆まきイベントをまとめます。

節分は日本に受け継がれる年中行事の一つ。2月3日はお子さんと一緒に豆まきイベントに参加して、邪気を追い払い、一年の無病息災を願いたいですね。
(八王子,日野,昭島:高尾山薬王院,高幡不動尊,子安神社,拝島大師,八幡八雲神社,曹洞宗 天海山 雲龍寺)

■高尾山薬王院(八王子市)

2月3日は、高尾山恒例の『一陽来福』『諸縁吉祥』『除災開運』をご祈願する、『節分会追儺式』が執り行われます。

住所:東京都八王子市高尾町2177(最寄駅:高尾山駅)
HP:https://www.takaosan.or.jp/setsubun/

 

■高幡不動尊(日野市)

2月の豆撒式・だるま市。年男のみなさんと多数参加する芸能人やタレントと合わせて豆を撒くのは約1000名。日本最大級の節分の豆まき。

住所:東京都日野市高幡733(最寄駅:高幡不動駅)
HP:https://www.takahatafudoson.or.jp/?page_id=9

 

■節分は豆まき+祖父母に会いに来てもらう

節分は、豆まきをして、年の数だけ福豆を食べて。
それに加えて、祖父母に孫に会いに来てもらい、家族団らんの時間を過ごす家庭が増えています

節分の由来は、地域によって微妙に異なります。
故郷の話を子供(孫)に伝えてもらうと共に、祖父母が孫に会える、絶好の機会が節分の頃です。

(正月に会えなかった側の祖父母は、孫に会いたいものです。
世間的なイベントが少ない2月は、祖父母を招いて家族で過ごしやすい時期ですね。)

 

■節分の家族の食事に。シェフに家に来てもらう、出張シェフサービス「マイシェフ」

節分にマイシェフ
自宅にシェフがやってきて、コース料理の準備から片付けまでするため、リビングでゆったり過ごせます。

節分で祖父母を招くなら、ご馳走を食べて家族でゆったり祝いたい。
子供もいるし自宅が落ち着けるけど、しかし、ご馳走料理を準備する余裕もない。

そんな家族に利用されているのが、出張シェフサービスの「マイシェフ」

マイシェフは、料理人が自宅に出張に来て、自宅キッチンで調理して、アツアツの本格料理を提供してくれます。後片付けもしてくれるのがママに嬉しいポイント。
(豪華フレンチやイタリアンなど 4品コース料理で 5,000円〜7,000円/1名分と案外リーズナブル)

マイシェフHP:https://mychef.jp/

 

自宅でゆったり落ち着けて、食事の準備から片付けまでシェフがやってくれるので、ママ・奥さんもリビングでゆったり、ご馳走をいただきながら、祖父母とゆったり過ごせるのが嬉しいですね。
(自宅だから、子供が泣いても騒いでも、はしゃいでも寝てしまっても、周囲の目を気にすることもありません)

どんな料理シェフがいるか、マイシェフのウェブサイトを見てみましょう。

マイシェフHP:https://mychef.jp/

 

■子安神社(八王子市)

子安神社は2月3日に節分祭を行います。厄年に当たっている方や年男・年女が厄払いのために豆まきをします。

住所:東京都八王子市明神町4-10-3(最寄駅:八王子駅)
HP:http://koyasujinja.or.jp/cn48/pg211.html

 

■拝島大師(昭島市)

2月3日節分・星祭り厄除祈願。

住所:東京都昭島市拝島町1丁目6−15(最寄駅:昭島駅)
HP:http://haijimadaishi.com/pray/

 

■八幡八雲神社(八王子市)

特別年男・年女として200名余りが境内の特設舞台より「福は内、鬼は外」と元気良く豆まきをし、神楽殿では奉納囃子、境内では青年会により甘酒、厄除そばの無料接待が行われます。

住所:東京都八王子市元横山町2-15-27(最寄駅:八王子駅)
HP:http://www.hachiman-yakumo.or.jp/event/index.html

 

■曹洞宗 天海山 雲龍寺(八王子市)

節分会(豆まき)、除厄招福の福豆を撒きます。豆まきには境内の保育園児も参加致します。

住所:東京都八王子市山田町1688−2(最寄駅:山田駅)
HP:https://unryuuji.com/gyouji.html

 

■節分の家族の食事に。シェフに家に来てもらう、出張シェフサービス「マイシェフ」

節分にマイシェフ
自宅にシェフがやってきて、コース料理の準備から片付けまでするため、リビングでゆったり過ごせます。

マイシェフHP:https://mychef.jp/

 

■節分とは

「節分」とは、「季節を分ける」の漢字の通り、「季節の分かれ目」を意味します。
かつては「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日が節分とされていましたが、旧暦で年が始まる頃である「立春」の頃が重要視され、現在では「立春」の前日(2月3日)が節分の日と呼ばれるようになったと言われます。

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、邪気(旧年の厄や災い)を祓い清める行事、鬼儺という鬼を追い払う行事が、豆まきとして庶民にも広まったと言われています。

【町田,相模原】節分イベント/豆まき まとめ|神社の節分祭や豆まきイベント

【東京都内】節分イベント/豆まき 135箇所まとめ|神社の節分祭や豆まきイベント

AD





@mychefjp