【すき焼きレシピ 人気10選】関西風レシピから関東風、老舗すき焼き店の秘伝割り下レシピまで

ご馳走といえばすき焼き。美味しい すき焼きを食べたいなら、美味しいすき焼きレシピとの出会いが大切です。
関西風すき焼きレシピから関東風、老舗すき焼き店の秘伝レシピなど、プロの人気すき焼きレシピ、おすすめ10選をご紹介。あなた好みのすき焼きレシピに出会えますように。

■松坂牛専門 精肉店のすき焼きレシピ

松阪牛の故郷、松阪市で創業五十余年の松坂牛精肉店のすき焼きレシピ。まずはお肉そのものを味わうのが松阪風。

1:牛脂ひき、ピチピチ音がしたら人数分の肉を入れます。手のひらサイズの肉一切に対して、砂糖小さじ1杯半を肉全体にまぶし入れる。
2:醤油を小さじ一杯半ぐらい入れる。
3:その後、昆布だしを小さじ2杯入れて焼く。
出来上がった最初の肉は、卵をつけずに食べましょう。お肉本来の風味が味わえます。

続きはすき焼きレシピHPにて:http://www.matsusakamaruyoshi.jp/cooking.php

 

■松坂牛専門 精肉店のすき焼きレシピ(関東風すき焼き)

関東風すき焼きは、あらかじめ「割り下」を作っておきます。割り下が辛い時は砂糖で、甘すぎるときは 醤油をいれて味を整えます。
材料:水2カップ(400cc)、昆布15cm、大豆1/4カップ、醤油2/3カップ、砂糖 大さじ7杯

1:水400ccに昆布と大豆を加えて4〜5時間つけ、味を充分出す。
2:1に醤油と砂糖を加えてひと煮立ちさせ、裏ごしで煮汁をこし取り、「割り下」の出来上がり。
3:肉を常温位まで戻して柔らかくしておく。

続きはすき焼きレシピHPにて:http://www.tanakaseinikuten.com/sukiyaki.html

 

■プロ料理人のコツを無料で学べる

素朴な質問です。

ご自身の料理を、ワンランクアップさせたくありませんか?
プロ料理人のコツを学び、しかも月2〜3万円の副収入にもなる。

料理を学びたい方や、料理が好きな方に人気の「出張レストランサービス『マイシェフクイック』の出張接客スタッフ」

プロ料理人の料理を扱うため、活動を通じて、本格料理のコツや食材の使い方などを学べます。本や写真で “見るだけ” でなく、実際に出張して仕上げ調理・盛り付けも行うため、しっかり身につきます。

●内容詳細と募集ページhttps://quick.mychef.jp/recruitment/index

 

『マイシェフクイック』は、レストランのコース料理を、接客スタッフが持参して ご自宅に出張し、キッチンで料理を仕上げて提供、後片付けもするサービスです。
育児世帯や高齢者のいる世帯など、外出・外食が大変な家庭に利用されています。

『マイシェフクイック』の出張接客スタッフは、「プロ料理人の料理のコツを学べる」「料理のことを色々知れる」「しかも収入を得られる」と、料理を学びたい方に人気。

土日祝の都合の合う日程できて、日程の融通がきく(日程登録制)ため、
20代〜40代の会社員の方は、仕事が休みの範囲の中で活動し、
育児中の方は、子育てが少し落ち着いたタイミングのちょっとした仕事として活動し、
子育てを終えた大人の女性も方も活動しています。

料理を学びたい方、料理が好きな方は、ぜひ内容の詳細をご覧くださいね。

●内容詳細と募集ページhttps://quick.mychef.jp/recruitment/index

 

使用する食材や組み合わせ、調理の意味合いなど料理人のコツを見聞きするだけでなく、実際に出張して仕上げ調理・盛り付けも行うため、しっかり身につきます(話を聞いて学んだ気になっただけ、なんてことはありません)。
日頃から家で料理する方であれば、問題なくできます。マニュアル・研修あるためご安心ください。

お客様に「ありがとう」「美味しい」と言われることが多いです。「ありがとう」と直接言われると嬉しいものですよ。

 

料理を学びたい方や料理が好きな方は、きっと楽しんで学びながらやっていただけます。ぜひ内容の詳細をご覧くださいね。

●内容詳細と募集ページhttps://quick.mychef.jp/recruitment/index

 

■老舗すき焼き店 浅草 今半のすき焼きレシピ

浅草今半の門外不出の割り下は 醤油4:みりん3:砂糖2:水1の割合で混ぜ合わせます。黄金比の割り下が味の鍵。

1:割り下を作る。黄金比は醤油4:みりん3:砂糖2:水1を混ぜ合わせる。
2:鍋を熱し、牛脂を入れて脂をなじませたら、割り下をお玉ひとすくい入れる。
3:肉を2枚だけ、広げて煮るように焼く。まずは肉をいただく。

続きはすき焼きレシピHPにて:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1930005133/

 

■老舗すき焼き店 人形町 今半のすき焼きレシピ

人形町 今半の公式HPレシピでは、割り下は、人形町今半の”すき焼き割下木樽醤油仕込み” を使うことが推奨されています。肉を先に焼くのがポイントです。

1:牛脂をひき、鍋肌まで満遍なく焼いてそのまま鍋に。
2:鍋が温まったら、すき焼き割下木樽醤油仕込みを適量注ぎます。
3:肉を入れ、一度返し、ふっくらしたら取り上げます。

続きはすき焼きレシピHPにて:http://store.imahan.com/html/page6.html

■有名百貨店 伊勢丹推奨 すき焼きレシピ

伊勢丹新宿店のミートセレクションのシェフによるすき焼きレシピ。
割り下の黄金比は、酒100cc:みりん100cc:醤油100cc:ざらめ30g。ザラメを使うとコクが出ます。

1:鍋に酒、みりんを入れて煮立たせる。
2:いったん火を止め、醤油、ざらめを入れてさらに中火で温める。これでプロの割り下完成。
3:鉄鍋に牛脂と長ねぎを入れて焼く。焼き色が付いたら取り出す。

続きはすき焼きレシピHPにて:https://mi-journey.jp/foodie/14623/

■醤油の世界シェア50%、キッコーマンのすき焼きレシピ

すき焼きの割り下に醤油は欠かせません。醤油のグローバルナンバーワンカンパニーkikkoman。キッコーマンが考える最上のすき焼きレシピ。
割り下は、キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 100ml、マンジョウ濃厚熟成本みりん100ml、砂糖 大さじ3、水200ml。

1:割り下をつくる。醤油はキッコーマン特選丸大豆しょうゆ、みりんはマンジョウ濃厚熟成本みりん。
2:すき焼き鍋を熱し、牛脂を溶かして鍋全体になじませる。
3:ねぎを焼いて香りを出し、牛肉の両面をさっと焼く。

続きはすき焼きレシピHPにて:https://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00002478/index.html

■白ご飯.comのすき焼きレシピ(関東風すき焼き)

ご飯と一緒に美味しい和食のレシピサイト 白ご飯.comの、ご飯がすすむすき焼きレシピ。
すき焼きの割り下の材料:醤油150ml、みりん150ml、砂糖大さじ6、水100ml

1:鍋に割り下のの調味料をすべて合わせ、火にかけて一度沸騰させる。
2:一度しっかり沸騰したらアクを軽くすくい取って火を止める。割り下の完成。
3:鍋を熱してはじめに牛脂を入れて溶かす(牛脂がなければサラダ油を少々)

続きはすき焼きレシピHPにて:https://www.sirogohan.com/recipe/sukiyaki/

■サッポロビールのすき焼きレシピ(関西風すき焼き)

ビールが美味しい、ビールと楽しむすき焼きのレシピです。関西では、最初に肉を焼きつけて、砂糖やしょうゆなどを直接入れるのが特徴。
しょうゆ150ml、みりん150ml、酒150ml、砂糖 適宜。

1:鍋を熱し、牛脂を塗る。
2:牛肉を広げてのせ、砂糖少々をのせる。砂糖の分量は感性で。
3:すぐに割り下少々をかけてからめ、取り出して食べる。

続きはすき焼きレシピHPにて:http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000183/index.html

■日本肉食消費総合センターの和牛すき焼きレシピ

日本国の肉の公的機関、公共財団法人 日本肉食消費総合センターの 和牛すき焼きレシピ。肉は和牛に限り、上州和牛推奨のようです。割り下よりも、肉を重要視している模様。
割り下は、酒200cc、濃口しょう油100cc、砂糖50g。

1:酒、しょう油、砂糖を合わせて割り下を作る。
2:すき焼き鍋に牛肉、具材を入れ、割り下を入れて煎り焼きにする。

続きはすき焼きレシピHPにて:http://www.jmi.or.jp/recipe/recipe_detail.php?id=692

■焼肉タレのエバラのすき焼きレシピ

エバラといえば焼肉のタレですが、みんながそろったら「すき焼き」がおススメとのこと。
なぜか? エバラすき焼のたれも売っているから。割り下ではなく「エバラすき焼のたれ」を使うことが推奨されています。

1:熱した鍋に牛脂をひきます。
2:牛肉・長ねぎの順に焼きます。
3:「すき焼のたれ」を注ぎ入れます。

続きはすき焼きレシピHPにて:https://www.ebarafoods.com/recipe/detail/recipe460.php

■プロ料理人のコツを無料で学べる

素朴な質問です。

ご自身の料理を、ワンランクアップさせたくありませんか?
プロ料理人のコツを学び、しかも月2〜3万円の副収入にもなる。

料理を学びたい方や、料理が好きな方に人気の「出張レストランサービス『マイシェフクイック』の出張接客スタッフ」

プロ料理人の料理を扱うため、活動を通じて、本格料理のコツや食材の使い方などを学べます。本や写真で “見るだけ” でなく、実際に出張して仕上げ調理・盛り付けも行うため、しっかり身につきます。

●内容詳細と募集ページhttps://quick.mychef.jp/recruitment/index

 

『マイシェフクイック』は、レストランのコース料理を、接客スタッフが持参して ご自宅に出張し、キッチンで料理を仕上げて提供、後片付けもするサービスです。
育児世帯や高齢者のいる世帯など、外出・外食が大変な家庭に利用されています。

『マイシェフクイック』の出張接客スタッフは、「プロ料理人の料理のコツを学べる」「料理のことを色々知れる」「しかも収入を得られる」と、料理を学びたい方に人気。

土日祝の都合の合う日程できて、日程の融通がきく(日程登録制)ため、
20代〜40代の会社員の方は、仕事が休みの範囲の中で活動し、
育児中の方は、子育てが少し落ち着いたタイミングのちょっとした仕事として活動し、
子育てを終えた大人の女性も方も活動しています。

料理を学びたい方、料理が好きな方は、ぜひ内容の詳細をご覧くださいね。

●内容詳細と募集ページhttps://quick.mychef.jp/recruitment/index

 

使用する食材や組み合わせ、調理の意味合いなど料理人のコツを見聞きするだけでなく、実際に出張して仕上げ調理・盛り付けも行うため、しっかり身につきます(話を聞いて学んだ気になっただけ、なんてことはありません)。
日頃から家で料理する方であれば、問題なくできます。マニュアル・研修あるためご安心ください。

お客様に「ありがとう」「美味しい」と言われることが多いです。「ありがとう」と直接言われると嬉しいものですよ。

 

料理を学びたい方や料理が好きな方は、きっと楽しんで学びながらやっていただけます。ぜひ内容の詳細をご覧くださいね。

●内容詳細と募集ページhttps://quick.mychef.jp/recruitment/index

 

【自宅すき焼きの鍋はこれで!】おすすめすき焼き鍋 & 鉄鍋ない場合の代用品

【東京都内】精肉店&肉屋 おすすめ184店|美味しいこだわり精肉店から人気の安い精肉スーパーまで

AD





@mychefjp